大腸がんの前兆|早期発見で確実に治そう!

看護師

住み慣れた我が家で治療を

笑顔の人

入院生活より住み慣れた家

病気のために食事や自力での呼吸ができなくなった人は、これまで長期の入院生活を余儀なくされていました。医療設備の整った病院でなければ、生命を維持することができなかったのです。そんな医療の常識も近年大きく変わっており、在宅医療の幅が広がってきています。長く入院生活を送っている患者さんは、どうしても住み慣れた我が家で生活したいと願うものです。そんな人の希望を叶えてあげられるだけの医療技術が、ここに来て成熟してきました。家で必要な医療措置を施しながら医師の定期的な訪問診察を受けていれば、入院せずに生活できるようになったのです。そうした在宅生活を送るには、地域の中で在宅医療に対応できる医療機関が存在するという条件も欠かせません。都内でも人口が最も多い世田谷区には、幸いなことにそうした医療機関が内科クリニックを中心として数多くあります。在宅医療に積極的なクリニックに加え、訪問看護ステーションやリハビリセンターとの連携が可能な点も世田谷区の大きな強みです。世田谷区に住む住民の中で、実際に在宅医療を利用している人は少なくありません。ターミナルケアの在り方として在宅医療を選択する人も増えているのです。

呼吸や栄養補給をサポート

呼吸器系の病気が原因で自力での十分な呼吸が難しくなっている場合、かつては自宅での生活が不可能でした。現在では在宅人工呼吸療法や在宅酸素療法の普及により、入院しなくても生活することが可能になっています。酸素濃縮器と人工呼吸器を自宅に設置し、酸素吸入から二酸化炭素の排出までを行なうのが在宅人工呼吸療法です。酸素マスクを使う方法と気道切開の上で実施する方法の2種類があります。在宅酸素療法では、酸素濃縮器を使う方法の他に液体酸素装置や携帯酸素ボンベを使う方式があります。同じく病気が原因で食事ができなくなった場合でも、在宅成分栄養経管栄養法や在宅中心静脈栄養法による在宅医療が可能です。在宅中心静脈栄養法では胃や腸に栄養物をチューブから直接送ります。在宅中心静脈栄養法は栄養摂取が不十分な場合に実施されます。いずれも在宅での実施が可能になったことで、患者さんの多くが不便な入院生活から解放されたのです。急に具合が悪くなったケースでも、入院施設を併設するクリニックではメディカルショートステイに対応できます。こうした医療機関が世田谷区に多いことから、地域医療の在り方も大きく変わってきているのです。