大腸がんの前兆|早期発見で確実に治そう!

看護師

早期での対策が必要

カウンセリング

早めの診療を

片側の耳が聞こえなくなる、異常な耳鳴りがするなどの症状は「聴神経腫瘍」の可能性があります。突然このような症状が現れるため、「突発性難聴」と間違われるのが特徴です。脳から発生する神経は12対あり、聴神経はこの内の一つです。聴神経に腫瘍が出来ると、耳が聞こえにくくなったり、ふらつきなどを起こす事があります。また、稀に顔面の神経が麻痺したり顔面痙攣を起こす可能性があるため、早めの対策が必要です。突発的な耳の異常を感じたら、放置せず耳鼻咽頭科で診てもらいましょう。聴神経腫瘍の成長は、個人差があり短期間で進行する場合や長期間での進行など様々です。進行すると治療が難しく、症状も酷くなるため早めに専門機関で対処を行うようにしてください。

その道の名医を選ぶ

聴神経腫瘍の治療は、進行や腫瘍の大きさによって異なります。主な治療は手術と放射線ですが、高齢者は体力面の不安から、腫瘍が目立っていない場合「画像検査」を行う事があります。これは画像で腫瘍を観察し、症状の経過を観察する方法です。手術の際は、脳外科か耳鼻咽頭科で行うのが一般的です。聴神経腫瘍は悪性ではなく良性の腫瘍なので、手術で取り除けば完治は可能です。しかし神経の腫瘍のため、手術は比較的難しく「後遺症」の不安もあります。利用されている医師や病院は、聴神経腫瘍に詳しく、実績の多い名医が居る機関です。実績があるため安心して任せられる点が、好まれています。聴神経腫瘍自体は良性のため、進行具合によっては経過観察で治療を行う場合もあります。適切な治療のためには、早期発見が大事です。耳に違和感を感じたら、なるべく早く耳鼻咽頭科を訪ねるようにしましょう。