大腸がんの前兆|早期発見で確実に治そう!

医者

早期での対策が必要

カウンセリング

聴神経腫瘍は、目眩や耳鳴り、難聴などを引き起こす病気です。早めに対処するために、耳の不調を感じたら専門機関の受診を行いましょう。治療には手術療法と放射線治療が用いられます。手術の場合、リスクを避けるためにも評価が高く実績のある医師を選ぶ事が大切です。

もっと読む

住み慣れた我が家で治療を

笑顔の人

さまざまな病気で食事や自力呼吸が難しくなっている人でも、入院せずに在宅医療を受けられるようになっています。世田谷区内では内科クリニックを中心として、在宅医療に積極的な医療機関が多くあります。在宅人工呼吸療法や在宅中心静脈栄養法などを利用すれば、住み慣れた家で高度な治療を受けながら生活できるのです。

もっと読む

医療機関で治療しましょう

医療従事者

脚の付け根部分や下腹部にあるしこりは鼠径ヘルニアとよばれるものです。鼠径ヘルニアは軽く見られがちですが、陥頓が生じると重篤な状態へと陥ることもあるため注意が必要です。最近では手術法なども発達し、手軽に手術が受けられるようになっています。鼠径ヘルニアのある方は医療機関で手術を行うことをおすすめします。

もっと読む

早期発見で100%治る

先生

現代日本では食生活の欧米化が進み、大腸がんが増えたと言われています。その原因は、カロリーの高い食事や脂分の多い食事を摂ると便が大腸にとどまる時間が長くなります。そうなると便に含まれる発がん性物質も長時間とどまってしまうため、がんの発生率が高くなります。さらには喫煙や飲酒、運動不足、肥満なども要因の一つに挙げられます。大腸がんは非常に自覚症状を感じにくい病気のため、なかなか異常に気付かずに放置してしまうことがありますが、早期に発見し治療を受けるとほぼ100%完治すると言われている病気です。大腸がんの代表的な症状は、血便・下痢・便秘・下血・お腹の張りやしこりなどがあげられます。毎日の排便の状況を把握する習慣をつけることが早期発見のカギとも言えます。

大腸がんを発見することで一番大事なのは「大腸がん検査」です。検査を受けることで死亡率が70%低下したという報告もあります。自覚症状を感じにくいがんだからこそ、定期的な検査が必要不可欠です。お尻を出すことで恥ずかしさや、痛みなどの理由で女性は特に検査を敬遠しがちですが、女性の死亡原因の第一位のがんだからこそ、検査を受けることがとても重要です。大腸がんは40代以降から検査を受けることで、早期発見が可能になります。検診は各市町村で行われています。費用は各自治体によって異なり、無料クーポンを配布している市町村もあるため、確認してみるとよいです。この検診では便潜血反応検査をうけることができ、この検査は手軽で制度も高いため一次検査としてとても有効です。